質の高まる社員研修とは!?人の心理作用から読み解くその姿!

社員研修は一日で終わらせるな

あまり社員研修に経費をかけたくない思いから、社員研修を一日で終わらせてしまう企業もあるかもしれません。社員研修は出来るだけ、数日をかけて行う事が望ましいのです。人には、記憶した内容を想起する事によって、想起しなければならないほどの価値の高い記憶だと判断される事もありますよ。その様な記憶は、より強く記憶に刻み込まれる効果もあるのです。社員研修を一日で終わらせてしまえば、価値の無い社員研修だと判断しかねませんよね。その様な研修に限って、一週間後に忘れられる事がほとんどです。これは、社員研修を受ける人が悪いのでは無く、催す側が悪いと言えますよね。

能動的な内容も取り入れよ

社員研修の中には、講師を招き、社員が受身的に聞くだけの社員研修も多くありますよね。受身的な研修だけよりも、能動的な行動を取り入れる社員研修の方が効果が高まる事もあるのです。能動的な行動は、軽い興奮状態を引き起こし、記憶力を高めてくれる可能性もありますよね。社員研修の中には、頭で理解するよりも体で覚えなければならない内容もあります。ただ、文章として説明するだけでは無く、実際に社員一人一人が行う社員研修も大切な事の一つですよ。

社員研修が終われば、話し合う場を設けよう

社員研修が終われば、まるで牢獄から開放された様な姿で、そのまま終わってしまう事もよくありますよね。身についた内容や、社員研修に対する価値観は人それぞれ違います。社員研修が終われば、話し合う場を設ける事によって、各々が学んだ内容をより良く知り合う事が出来ますよね。気づかなかった違う角度から、新しい姿を見出す社員もいるかもしれません。コミュニケーション能力を高める可能性もありまして、心から情報を共有し合う事によって、社員同士の絆を高めてくれますよ。新入社員同士であれば、話が弾まない可能性もあります。そのため、リーダー的な先輩、上司の方々が社員研修に参加を行い、率先して会話を進めて行く事もお勧めです。これは、先輩や上司の方も、部下との付き合い方について学んで行く事が出来るのではないでしょうか。

企業の人材育成が声高に叫ばれる中、新入社員の研修のみならず、管理職研修にも力を入れる会社が増えつつあります。